猫のためのコスプレ


一夜明け、2日目の草太さん。

相変わらず隅っこで小さくなっています。もう隅っこって名前に変えようか?

しかし私は思い出しました。草太の主治医がこんなことを言っていたことを。

この子は小さな時からずっと病院にいたから、白衣の人には慣れてるんですけど、私服の人には慣れてないんですよね

OK、じゃあ買ってきましょう!

というわけで、ドン・キホーテで仮装用の白衣を買ってきました。黒縁眼鏡とセットで3,000円くらい。先生も黒縁眼鏡だったからぴったり!

あと、イトーヨーカドーでなんかすごそうなコレを購入。

「ドギーマン じゃれ猫 ファーファー」

早速白衣を着て「じゃれ猫ファーファー」をブンブン振り回していたら……。

出てきた!

白衣がすごいのか、おもちゃがすごいのか、草太が本来社交的なのか真実は定かではありませんが、この家が怖いところじゃないってわかってもらえてとにかく良かった。

初めて「おなか触ってもいいよ?」のポーズもしてくれました(嬉しくて写真は撮り忘れた)。

祝・初ウンチ

この後、ニャコニャコ言いながらウロウロしていたので、「ウンチなの? こっちだよ、頑張れ!」と励ましたら成功しました。

長年便秘気味だったり下痢気味だったりのシニア猫のウンチを気にして暮らしていたので、コロコロの健康なウンチを見て胸が熱くなってしまいました。

 


コメントを残す

名前
メールアドレス
ウェブサイト