猫の長寿と健康を全力で祈願できる神社で初詣


初詣は「市谷亀岡八幡宮」(いちがや かめがおか はちまんぐう)に行っています。

なぜかといいますと、ここはペットと一緒の初詣もできるし、ペット用のお守りもこんなにあるのです。これはもう、誰に遠慮することもなく、思う存分全力で我が猫の長寿と健康をお願いできる神社ってことじゃないですか。

市谷亀岡八幡宮 参道
市ヶ谷駅の7番出口を出て、横断歩道を渡って左に歩くと、右手に見えてきます。

 

市谷亀岡八幡宮の階段・上り
この長ーい階段の上に市谷亀岡八幡宮があります。

だいたい毎年、出勤前にお参りしています。この日も平日の朝でしたが、団体さんの姿が結構ありました。近隣の会社でしょうか。

茅の輪くぐり
茅の輪くぐり

厄除けの「茅の輪(ちのわ)くぐり」があります。八の字を描くように3回ぐるぐると回るよう、書いてあるのでぐるぐると回ります。私の前にくぐっていた女性二人連れは「何回まわったかわからない」と言いながらぐるぐるしていましたが、私も途中でわからなくなりました。でもまあ、だいたい3回まわったと思います。

いよいよお参り。いくつになっても参拝の作法が身に付かず、この日もなんとなくそれっぽい感じのお作法でお参りしてしまいましたが、帰ってから見たらちゃんと参拝方法の解説もありました

  1. お辞儀をする
  2. お賽銭を入れる
  3. 2拝2拍手2拝(大きくゆっくり)
  4. 願掛け
  5. 鈴を鳴らす

鈴を鳴らすのが最後なんですね。「お賽銭のに鈴を鳴らす」としているところもあると思いますが、来年からはこのお作法でお参りしたいと思います。

お賽銭については下記のように記されています。

出来る限りお金は、硬貨でもポチ袋等に入れて納めましょう。間違っても投げ入れたりはしないようにしましょう。

ポチ袋!  来年は用意します。願掛けについては、

ご神前にては、必ず自分の住所氏名を小さな声で構わないので申し上げ、本日の参拝に感謝し、それから願い事を申し上げるようにしましょう。また出来るならば願い事は申し上げずに感謝の言葉、意向、反省、懺悔の言葉を、そして誓いの言葉を申し上げるようにしましょう。

そう言われてもお願いしちゃいますよねえ。

去年の初詣にはキチとラク、2匹の猫がいましたが、今年はラクだけになってしまいました。今年1年、ラクと一緒に暮らせますように、ラクが元気でいますように……。

お参りが済んだらお守りを購入し(ペットのお守りは人間用のお守りとは別のコーナーにあります)、おみくじをひきました。

結果は中吉。Wikipediaによるとおみくじの結果は「大吉・吉・中吉・小吉・凶」らしいので、3番目くらいってことでみたいです。

去年のお守りや護符を納める場所もあるので、お礼を言って納めました。

市谷亀岡八幡宮の階段・下り
毎年ひるむ、帰り道の急な階段。

お守りは病傷平癒のお守りにしました。ラク本人は持っていそうにないので、飼い主が毎日持っていようと思います。

お守りとおみくじとラク