2015年に私と猫を最も幸せにした買い物


膝乗り猫、その幸福と苦悩

飼い主の膝に乗るのが好きな猫と暮らしている方ならおわかりかと思いますが、膝に乗られるのは嬉しい。間違いなく可愛い。けれど、寝られると身動きが取れなくなってしまいます。

うちのラクも私の膝の上が好きでして、私が座ると「待ってました」とばかりに膝に乗りに来ます。が、お茶をいれたいとか、スマホやらリモコンを取りに行きたいなんてときに、立ち上がるのをちゅうちょしてしまいます。ちょっと不自由。

我慢しきれず私が動くと「も〜 寝てたのに〜 (-_-メ)」みたいな雰囲気で私の膝から去って行ってしまう。それがまたつらい……。

ニャンガルーパーカーとは?

そんな葛藤についに終止符が打たれるかもしれない大発明、それが「ニャンガルーパーカー」です。

ニャンガルーパーカーとは、猫を入れるためのポケットがお腹に付いたパーカー。猫を腹のポケットに格納して、一体化してしまえる製品なのです!

というわけで購入してみました。Amazonで送料込みで6,408円。

ニャンガルーパーカー前面
ポケットにはフリース素材の内ポケットが付いていて、2重になっています。内ポケットだけを取り外して洗えるようになっています。
ニャンガルーパーカー背面
フードに猫耳が付いていたり、袖口に肉球が付いていたり、随所に工夫が凝らされています。猫をじゃらすためのポンポンまで付いています。まあ、個人的には40過ぎで猫耳付けてホントにスミマセンって感じなんですが……。

普段MサイズなのでMサイズを購入しましたが、着用感はかなり大きめ。メンズのMを買っちゃったのかと思ったくらい。丈もおしりが隠れるくらいあります(身長160センチ)。

タイト目な作りの洋服が多い昨今、新鮮なくらいビッグな着用感ですが、これで出かけることはないと思うので(いえ、別に出かけても良いと思いますけど)問題ありません。

猫との一体化ライフ、始まる

早速うちのラクを入れてみました。うちのラクは4キロくらいですが、スペース的には十分です。

 

使い始めの頃のラクさん。微妙な表情……。

フードの紐には「猫じゃらし用のもふもふ」が付いていたのですが、うちのラクさんはなにしろ17歳とご高齢。その手のものはすでにご卒業……。洗い物をするときにも邪魔なので取りました(その後、紐ごと抜いてしまった)。

だんだん慣れてきたラクさん。猫にリラックスされると、なんとも楽しい気分になってきます。

何日か経ったら、ポケットに入れるとすぐ寝るようになりました。寝てると可愛くてついつい写真を撮ってしまいます。

私が動くときには目を覚ましてしまいますが、私が座ればまた眠ります。これはいいっ!

最近では私がパソコンに向かっていると鳴き、ポケットに入れると鳴き止むようになりました。なんて可愛いんでしょうか、うちの猫は。

欲を言えば、袖口は肉球アップリケじゃなくて普通のリブ編みで良かったかなーと思います。洗い物をするときにちょっと不便。

サイズはMとL。色はこのグレーの他に黒と白もあります。

真夏は着られないので、スリング的なものも作って欲しいなー。